Windows10 System Licence Violation で起動が停止した場合の原因と対処方法

珍しいエラーコードでのトラブルでした

当店でご相談うける数々のトラブルの中で、担当者が気になったり記憶に残ったりした案件を記録にしています。
エラーコードの内容と原因がうまく合致しない症状の場合、対処方法を誤ってしまうことがありますので注意が必要です。

System License Violation エラーコードの意味

一般的には、ライセンス契約(ライセンス認証)などに関係する異常を検出した、という論理的なエラーとなります。エラーコードは 0x0000009A となりますが、Windows 10などではエラーメッセージ『System License Violation』のみの表示になります。
エラー画面は、BSOD扱いで完全にシステムが停止し、再起動ののち自動修復が実行されます。
この手の重症度の高いエラーコードの場合、自動修復では直る可能性は低く、再起動ののちに再びエラーが発生するループに陥ります。

ここでいうライセンスは、おそらくWindows OSに関するライセンスの事を指していて、パソコンを製品として購入された方の場合、このエラーコードに遭遇する可能性はありません。
おそらくは、別な理由が引き金となって、表示されているものと推察します。
ただし、ソフトウェア(OS)などのインストール時・大規模更新時、ソフトウェアの評価版などの特別なライセンスを用いて使用する場合、評価版ソフトウェアの品質が低い時点で利用している場合などは、本来の意味でエラーコードが発生する場合があり得ます。
ご自身の状況に応じて判断してください。

当店で対応した事例の中で確認できたこと

当店では意外な原因で、本エラーが発生していたことを確認しています。
本エラーが発生した事例で、精密診断をしたところHDD(SSD)の故障によって発生していた事例がありました。
HDD上の欠陥領域が、ライセンスに関係するデータと重なっていたのだと推察しています。
この事例では、速い段階でHDDを取り外して作業を行ったため、大事なデータの救出を行うことができました。

エラーコードは真実を表すとは限りません

今回の事例のように、エラーコードの意味と、本当の故障の原因とが異なる症状は沢山あります。
ライセンス絡みだから、論理的なものなので修復をかければ直る!と信じすぎて色々な修復を試みてしまうと、結果HDD(SSD)の状態が最悪な方向に向かってしまう、ということも十分に考えられるものでした。
見慣れないエラーコードが発生したら、第一に大事なデータを救出する行動を行ってください。 ご自身で難しい場合は、当店のような専門店にご相談ください。適切に対応いたします。

参考リンク

他での発生状況を調べる上で参考にしたサイトです。

Link Microsoftコミュニティー:【system system licence violation】windows 10ブルースクリーンで起動しない