エラーコード 0x8004010F が発生する場合の原因と対処方法

エラーコード 0x8004010F が発生する原因

0x8004010F – 本エラーが発生する場合の原因と対処方法についてまとめます。
アプリケーションによって発生する場合は、該当するアプリの名称の項目を参考にしてください。

Outlookで本エラーが発生する場合

0x8004010F は、Outlookのデータファイルにアクセスできない時に発生するエラーコードです。俗に言うプロファイルの破損系のエラーとなります。
Outlookアカウントの設定を確認すると、アカウント名称と共にプロファイルのファイル名を紐づけている項目がありますが、当方で検出した事例の場合は、このプロファイルの指定が紐づけられていない状態になっていました。

ここで重要なことは、Outlookデータファイルの有無です。
今まで送受信していたメールデータを復活させる必要がある場合は、もともとのOutlookデータファイルがどこにあるのか(残っているのか?)を確認する必要があります。
過去のデータは重要ではなく、このメールアドレスで送受信ができるように回復すれば良いだけであれば、Outlookデータファイルの保存場所(フォルダー)をしていずれば、回復するはずです。
(メール・アカウントの設定が正しいか否かの確認は別途必要となります。)

関連するエラーコード

『エラーコード 0x800C8101』
本エラーの問題点を確認する中で、アカウントが正しく設定されているかの確認を行った際に、このエラーが発生した事例があります。

関連リンク

Link Microsoftサポート:Outlook 2010 または 2013 で電子メールを送受信する際に表示される 0x8004010F