DVD書き込み処理で 0xC0AA0301 が発生した場合の対処 (システム修復ディスク)

ディスク書き込み中に発生しやすいエラー

当店では、DVDの書き込み処理や、システム修復ディスクの作成などで発生した事例が多いエラーコードですね。
どのような対処が必要かまとめてゆきます。

エラーの概要

エラー自体は、書き込みに失敗したという事象のひとつです。
どのような原因で発生したのかは、以下のエラーへの対応もあわせてお読みください。

エラーへの対応

このエラーの原因をどのように判断するのか?
原因は、ディスク側の不良か、ドライブ側の不良(経年劣化か故障)のいずれかです。
どちらを疑うかによって、対処の方法が変わります。

ディスク(メディア)を疑う場合
ディスクを交換して、再度書き込みを実施します。特定のメーカーのものとの相性で発生している場合は、メーカーを替える、もしくは信頼(実績)のあるメーカーのものに替えるのが有効です。

ドライブを疑う場合
ドライブの書き込み機能がおかしくなっている場合、何回ディスクを交換しても調子が悪いはずです。
ある程度の年数が経っているパソコンの場合は、ドライブの経年劣化を考慮しましょう。
今では、ドライブ自体を交換修理する以外にも、USB外付けドライブという製品を増設することでも対処が可能です。
急ぎ、ディスクを作成する必要がある場合は、そういう手段も検討しましょう。

その他、対応すべきこと

大事なデータのバックアップを作成していた場合
システムイメージやシステム修復ディスクを作成していた場合
PCやドライブの年式が古い場合、ディスク要因ではなく、DVDドライブ要因を疑う場合があります。
エラーした時のディスクは作成し直す方が多いのですが、その前後で作成していた(成功していた)ディスクまでは作り直さない方が多いようです。
ドライブがエラーの原因だった場合、その前後で作成したディスクの品質もあまり良くない(合格ラインギリギリ)であるので、後でいざ使おうという時に『メディアエラーが発生して読めない』可能性が高くなりがちです。
そういう大事なディスク作成だった場合には、他の、例えば外付けUSB DVDドライブなどを接続して、そちらで作成し直すということも検討してください。