System Progressive Protection の駆除とアンインストール

System Progressive Protection という見覚えの無いソフトが動作したら、それは、ウィルスの侵入です。
俗に言うところの、『偽セキュリティーソフト』が勝手にインストールされたということです。

System Progressive Protection とは?

『偽セキュリティーソフト』という代物で、主の目的は、お客様のパソコン内に架空の問題をでっちあげ、それらの解決のために有料のソフトやサービスを購入させる (= 不正に金銭をせしめる。)ことです。

無視をしていても、しつこく画面に表示、実行されます。
パソコンに精通していない方でない限り、アンインストールも難しい仕掛けになっています。
このウィルスには亜種(変種)が存在します。
個人情報(判明しているものでは、ブラウザーのパスワード類)を盗む機能が追加されています。駆除と並行して、ID/Passwordの変更も実施してください。

なぜ、System Progressive Protection が侵入したのか?

それは、お客様のパソコンに『セキュリティー上の欠陥』が存在するからです。

これらの欠陥があるパソコン上では、
見知らぬ攻撃者があなたのパソコンを勝手に操作したり、
あなたのパソコンから情報を盗んだりすることが可能です。
このソフトの感染によって、
そういう欠陥が存在していたことが証明されてしまいました。

当店では、このようなお手伝いが可能です。お任せください。

大事なデータの救出(安全な場所に取り出すこと)が出来ます。

とにかく、大事なデータの保全作業 (大事なデータを取り出し、安全な場所にコピーを作成すること。)が実施可能です。
昨今のウィルスでは、我々、パソコン防御側がウィルスの駆除を試みようとすると、内部のデータを破壊するタイプのものもございます。
より安全、安心に作業を進めていくのならば、データの保護が第一優先度となります。

お客様のパソコンから、ウィルスの除去(駆除)をいたします。(※)

今回表立って判っているソフト(ウィルス)や、裏方としてひっそりと動作しているソフトにいたるまで、駆除いたします。

お客様のパソコンに存在する、『セキュリティー上の欠陥』を修正します。

パソコンに存在する『セキュリティー上の欠陥』を修正し、ウィルス対策の足りない箇所について補強を行い、現時点で考えられる最も安全な状態にいたします。

※ セキュリティー上の欠陥があるパソコンでは、ウィルスは、何種類も同居することが可能です。お客様の状況によっては、パソコンが完全にウィルスに占拠され、ウィルス除去のための作業が一切行えない状況もございます。全てのパソコンにおいてウィルスの除去(駆除)が実施できることを保証するサービスではございませんので、予めご了承ください。

パソコン360へのお問い合わせは、お電話、電子メールにて。