Adobe FlashPlayer更新情報

毎度のことですが、緊急度の高い更新が公開されています。

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)、4月30日付。
Adobe Flash Playerの脆弱性(APSB14-13)に注意してください。
米Adobe Systemsが現地時間28日に公開した更新プログラムを受けたもので、該当の脆弱性を悪用すると、第三者による遠隔操作でユーザーのAdobe Flash Playerを不正終了させたり、任意のコードを実行したりできてしまいます。この脆弱性を悪用した攻撃も確認されています。

対象となるバージョン

  • Windows
    Adobe Flash Player 13.0.0.182およびこれ以前
  • Mac
    Adobe Flash Player 13.0.0.201およびこれ以前
  • Linux
    Adobe Flash Player 11.2.202.350およびこれ以前

緊急度(1)なので、早急な対処が必要です。
Chromeや、IE11など、FlashPlayer機能が内蔵されているものは、それぞれのプログラムを更新する方法となります。

当店では安全かどうかの確認サービスを実施中。

『自分の使っているバージョンは大丈夫なのか?』
『更新作業が苦手でよく判らない。』
など、不慣れな方々に向けて、確認・更新を支援するサービスを実施しています。
比較的安価な設定ですので、びくびくしながら使うより、きっちり確認してもらって安心して利用しませんか?
pc360-tel-fax-468x240b