hao123 のページが表示されたら確認すべき3つの行動

いつのまにか、hao123というページに変わっていました。

screen-hao123
何年も変わらずご相談の多いソフトです。
当店でも『辞典』以外では触れていなかったので、今更ながらこのテーマで書きたいと思います。
ご相談にいらっしゃる方は、このように『気がついたら変わっていた』とおっしゃいますが、実はある条件や行動によって、人為的に発生した問題でもあります。

確認すべき3つの行動

  • 偽物のソフトをインストールした可能性があること。
    最近、何か別のソフトをダウンロードしてインストールしませんでしたか?そのソフトがhao123に代表されるような余計なソフトにまみれていた可能性があります。そもそもインストールしたかったソフトは、本物ですか?正しいサイトからダウンロードしましたか?最近、偽物のソフトをダウンロードしてきて、感染する被害が急増しています。
  • 他にもこのような迷惑なソフトが侵入した可能性があること。
    他にも何か見慣れないソフト、入れた記憶のないソフトが動いていることはないですか?この手のソフトは複数感染が多いので、このソフト以外にも退治すべきソフトがないか確認が必要です。インターネットのブラウザー(Internet Explorer,Google Chrome,Firefox)も設定を変更される、ハイジャックの被害があります。
  • インストールされているソフトのバージョンが古い可能性があること。
    ウィルス対策ソフトはもちろんのこと、Windows Update、Adobe製品 (Flash Player, Reader, AIR)、JAVA製品などのアップデートをしていますか?この手の作業をしっかり実施していない場合、他にも何か感染してしまっている可能性があります。

必要以上に脅かす訳ではないのですが

上記のような事柄がちゃんと実施できていない場合、色々なものに侵入されている可能性があります。
このまま放置しておくとどうなるかといいますと、

  • 変なソフトがどんどん増えていく
  • 入力した情報が、不正に海外に送られている
  • 検索結果に変なサイトが候補として入るようになる
  • さらに、変なサイトやソフトを紹介される
  • ウィルス対策ソフトが正しく動かなくなる
  • パソコンが正しく動かなくなる

そうなる前に、異変に気付いたら速やかに対処を行ってください。

当店でもウィルス感染に関する診断や、駆除サービスを実施中。

症状が軽ければ軽いほど、料金も作業時間も少なくてすみます。
個人では対応できないなぁと感じられましたら、早いうちにご相談ください。
パソコンを手放せない方には、『当日修理対応』も可能な場合があります。
※感染被害の規模や状況、店舗での混雑具合によって当日修理では対応できない場合もございます。
パソコン360へのお問い合わせは、お電話、電子メールにて