Windows10:安全な取り外しができない (エラーする)件

USBメモリーの取り外し時にエラーすることがある

USBのリムーバブルメディアを取り外す際、色々な取り外し方があるのですが、ある方法で取り外すを選択すると、未処理データの有無に関わらずエラーを表示するケースがありました。
対象機種は富士通のMH30。

エラー表示をする操作方法

エクスプローラの画面内、対象となるリムーバブル・デバイスを右クリックしたメニューから、取り外すを選択するとエラーする。

この方法で取り外すとエラーする。

この方法で取り外すとエラーする。

正常に取り外せる操作方法

画面右下のUSBアイコンから、対象のデバイス(ドライブ)を『安全に取り外す』と実行すると、うまくいく。

この方法だとうまくいく

この方法だとうまくいく

その後の実験結果から予想

このモデルでは、
* Windows7からアップグレード更新によるWindows10のインストールと、
* HDD初期化後のクリーンインストールによるWindows10 と、
二つの環境で動作(比較)検証をしておりました。
そして、上記エラーの有無には差が生じております。
ここで報告しましたエラーは、Windows7からのアップグレード更新によるインストールでのみ発生します。
(クリーンインストール環境では、発生しておりません。)
Windows7 で導入されていたドライバーやツール類によるソフト的な問題と推察しております。
確証はありませんが、一番疑わしいのはF-LINKかと。


この記事は、執筆時点での情報です。解決している場合があります。
執筆時の日付や、対象とした機種にもご留意の上、活用してください。
その他、Windows10に関するトラブルや有益な情報をまとめております。
TIPS:Windows10 に関する情報

Windows10にまつわる色々なご相談をお受けいたします

店頭にてご相談ください。『パソコン何でも相談』を始め、各種相談メニューに対応させて頂きます。