携帯電話もSIMフリー化できるかも?

昨今、皆様がお困りのガラケー事情とは・・・

ガラケー(昔ながらの携帯電話)の機種変更をしようとしたら、

『あいにく、携帯電話の製造が少なくなっていて、変更可能な機種はこちらだけになります。』

などと、言われてしまったり、携帯電話(ガラケー)から携帯電話(ガラケー)への機種変更ができなかったり、ガラホ(機能を限定したスマホ)への機種変更を勧められたりすることが多いと聞きます。

ガラホとは、ガラパゴス・スマホの略で、日本独自のアレンジをしたスマホ(スマートフォン)のこと。一般的にはスマホの機能を絞って使いやすくしたり、画面表示を携帯電話の頃のデザインに似せたりして、ガラケーから移行してくる敷居を下げる目的で販売されています。
メーカー側は、新しい(スマホに準じた)料金体系で契約をして頂けるので月々の費用が高くなり(携帯での契約の頃より)儲かるという効果もあります。

私も2017年に機種変更をしましたが大変でした

いわゆる普通のガラケーに機種変更しようとしましたが、携帯ショップでは入手不可能であった※ため、中古や新古を扱う携帯電話機ショップで中古品を購入し、これを携帯ショップに持ち込んで機種変更を実施しました。今回はこれで乗り切りましたが、何年後かの機種変更では、この方法は無理かもしれませんね。
※携帯電話の形をしたモデルはありましたが、契約が4G限定の機種のみでした。4Gだと月々の費用が上がるので、3G契約ができる古い機種を選択しました。

そんな中、救世主?が登場

いわゆる『SIMフリータイプの携帯電話』が登場します。
完全に電話機の形で、電話(通話)機能と、SMS機能に限定しています。
OSがAndroid なので、電池の持ちがどの程度かは、不安が残るところですが、ガラケーからガラケーへの機種変更が叶わなくなるかもしれない未来に備えた、有効な選択肢になるでしょうね。他のメーカーも追随して何機種か発売されると嬉しいのですが・・・。

Link フィーチャーモデル:NichePhone-S 商品解説ページ

対応SIM情報(抜粋) – NTTドコモ、ソフトバンクの3G/W-CDMAネットワークを利用しているNMVNO事業者のNanoSIMカード。
NTTドコモ/FOMA/UIM、ソフトバンク/USIM、 IIJ mio、DMM Mobile、BICSIM、OCNモバイルOne、イオンモバイル、YAMADA SIM、NUROモバイル、Mineo、Y!mobile、スマモバ

無理してガラホに変えなくても・・・

こういう選択肢があるってことだけでも、覚えておいて損はありませんね。
もう少しすれば、量販店などの店頭でも、『海外メーカーなどで構わなければ、電話機能のみの携帯電話がありますよ。』と、実機を見せてもらえると思います。