Windows Live Mailがダウンロードできない理由と対策方法

Windows Live Mailが既にサポート終了って知ってました?

Livemail は、マイクロソフトの無料メールソフトなので、利用されている方も多いと思いますが、ここで注意事項です。
このソフトは、すでにサポートが終了していて、もう配布していません。
なので、
・新しいパソコンを買って来ても、新規にインストールできない。
・パソコンにトラブルが発生しても、再インストールできない。

検索して探しても無駄です。ひっかかるのは偽物やウィルスまみれのものです
どこかにインストールプログラムが残っているんだろうと、ネットで検索したって無駄です。ひっかかるのは偽物ばかりです。無理やりLive Mailをダウンロードしてインストールしないように!ご注意ください。

Microsoft Outlookへ移行する 無難にお勧め

Word/Excelがインストールされている方限定ですが、Outlook へ移行するのもお勧めです。マイクロソフトで唯一の有料製品版メールソフトです。

Windows10 メールアプリへ移行する お勧めしません

Windows 10には、メールアプリが付属しますが、正直申し上げて2017年11月の時点では、まったくお勧めしません。
・今までと異なるUWPアプリの初期のソフトで、動作実績が浅いこと。
・マイクロソフト社お得意の無料ソフトなので、勝手に開発を打ち切られる可能性大。

フリーソフト Thunderbirdに移行する そこそこお勧め

開発の歴史が長く、2017年現在、安定して動作しています。
ユーザー数が多いので情報が多く、プラグインなどの拡張機能が充実しています。
無料ソフトの中から選びたいという方は、現在のマイクロソフト陣営のものでなく、こちらをお勧めいたします。

いっそのことウェブメールに移行する 一考の余地あり

ウェブメールは、パソコン側にメールのデータを移動させず、プロバイダのメールサーバー上でメールを閲覧・管理する方式です。
主要プロバイダでは標準でサポートしていますので、ブラウザー (IE、Edge、Chrome)で閲覧が可能です。
また、Yahooメールや、Google Gmailなども無料で利用できるウェブメールとして有名です。

大事なことなのでもう一度言います

Windows Live Mailは、サポートが切れており開発が停止しています。
ソフトも配布していません。(ダウンロードできません。)
メールのデータだけバックアップしてあれば、またLive Mailをインストールして利用再開、という訳にはいきませんので、何らかの選択をして移行しておくのがベストです。
パソコン/Windows が動かなくなってからでは、メールの被害が大きくなります。