Autofixer Pro 2018が流行中。注意喚起 (駆除・対処など)

特定のマルウェアが続いたときに注意喚起しています

Auto Fixer Pro 2018 というマルウェアが、今年2018年に入って、かなりの頻度でご相談を受けています。マルウェア全体として特定の種類がある時期に流行るのは、まぁよくあることですが、感染状況にレパートリーがあるようなので、少しまとめておきます。

Autofixer Pro 2018の概要


いわゆる『点検商法』的マルウェア (ウィルス) で、火の無いところに煙を立てて、問題がある、今すぐにソフトを購入して駆除して下さい、などと騒ぎ立て、ソフト購入費用などの名目で金銭をせしめるタイプのものです。
既存のものと違いがあるとすれば、サポート窓口をしっかり表示して、感染した方から電話で連絡が来るように仕掛けが増えているところでしょうか。
※追加で費用を請求されたり(解除料、遠隔サポート費用など)、クレジットカード情報を始めとする個人情報を取られるので、絶対に電話はしないでくださいね。

・だまされて、ソフトを購入させられ、お金を支払っても被害が発生するし、
・だまされて、サポートに連絡して、追加の費用を取られたり、個人情報(カード情報や電話番号)を取られても被害が発生する。
そんなタイプのマルウェア (ウィルス) です。

Autofixer Pro 2018のレパートリー

画面構成が似ている、別名のソフトというのも確認されています。
また、本ソフト Autofixer Pro 2018においても、プログラムの一覧からアンインストールができる状態だったもの、また、プログラムの一覧にはその存在が無いもの、と感染・動作の状況に違いがあるものがありました。
亜種による振る舞いの違いなのかもしれませんが、2018年に流行が始まったと考えると、本家と亜種が同時期に蔓延している様子が伺えます。

その他の注意事項

金銭を支払う前、電話で連絡をする前であれば
パソコンに侵入したウィルスを駆除したり、パソコンを初期化することで被害のほとんどは防げます。
パソコン一式をご持参の上、すみやかに当店へご相談ください。
ご来店できない遠方の方は、お近くのパソコン修理・ウィルス駆除を行っている事業者さんにご相談ください。

問題は、支払いをした後や、電話連絡をしてカード番号や個人情報を教えてしまった後です。
支払った分は、カード会社との協議にもよりますが、引き落としのタイミングによっては阻止することも可能かもしれません。速攻でカード会社に連絡して支払いが止められるかやってみましょう。
個人情報(特にカード番号)についても、カード会社さんと相談の上、カード番号の再発行などが必要かどうか、専門家(カード会社)と相談してください。
向こうに伝えてしまった個人情報は、ケースバイケースですが対策をする必要があるかもしれません。
電話番号などの情報は、『過去にだまされたカモリスト』として闇市場で売買されている可能性が高く、今後も色々な方法で騙しにかかってくる可能性は高くなっているはずです。
これらのパソコン修理・ウィルス駆除とは関係のない要素については、当店では対応ができませんので、カード会社を中心に適切な会社・機関にご相談ください。

パソコンの中身についても、注意が必要です。
ご相談を受けたほとんどの方で、Autofixer Pro 2018以外のマルウェアの複数感染が見つかっています。
同時期に複数の感染というパターンも、年月をかけて複数の感染もありましたが、単独感染という事例が少なかったのも特徴と言えます。

PUP や マルウェアの駆除能力が低い状態で使われていたパソコンにおいては、これを機会に徹底的にマルウェアの有無を確認する必要があるのではないかと思います。
最低でも、大事なデータを完全に外部にコピーする、くらいの対策は取られた方が良いと思います。

駆除や検査について当店でも作業ができます

自分自身では、検査や駆除ができない、他にもこのようなウィルスが侵入していないか心配だ、そういう方は専門のお店で、検査や駆除をして頂くのも検討のひとつです。
今後の対応方法や連絡先などが判らないという方も、有料相談で構わなければ店頭にてご相談や連絡先のご紹介、また電話連絡を横で補助するサービスも行っております。
ぜひ、お気軽にご来店ください。
※被害を最小にするには、ある程度スピード感を持って作業を進めていく必要があります。被害に遭われてからの日数が経過しすぎた場合の対処には、限界があることもご理解下さい。