お客様のインターネット回線は、NTTフレッツ光でよろしかったでしょうか?という電話への対応

光コラボ事業者が電話営業をかけまくっています

希望しないのに回線の切り替えをしつこく勧誘してくる業者が後を絶ちません。
賢く振る舞って、変な業者にひっかからないようにしましょう。

お客様のインターネット回線は、NTTフレッツ光でよろしかったでしょうか?という確認行為

突然電話があり、『大事なお知らせがございます。代表者様はいらっしゃいますか?』で始まり、
『お客様のインターネット回線は、NTTフレッツ光でよろしかったでしょうか?』と続く電話は勧誘(営業)電話です。大事な話しではまったくありません。
対策方法を伝授しますので、皆様、勇敢に立ち向かってください。

回線の種類を知らない会社は、100% 勧誘電話

電話をしてきた会社が、あなた自身が加入している回線の会社ならば、
『いつも、〇〇の回線をご利用いただきありがとうございます。』とか、
『〇〇サービスを利用して頂いているお客様にご連絡があります。』と、
こちらの回線種別を知っているところから話しは始まるはずです。
ですので、大事な話しがありますと切り出しておいて、
『お客様の回線は、NTTフレッツ光でよろしかったでしょうか?』などと、
質問(確認)をしてくる時点で、アウト な訳です。

最近はBパターンの勧誘があります

回線種別を質問すると電話を切られることも考慮してか、
始めからNTTフレッツ回線であることを前提に話し始めてくる営業方法もあります。
(すでに他社の光コラボに移行されている方は対象外となる営業の場合、この傾向があります。)

怪しいと感じたら、『個人情報で反撃!』

上記にように、こちらの事は何も知らないんだな!と感じた時点で、電話を切る方向にもっていきましょう。
『どこの回線・サービスを利用しているかは、個人情報にあたりますので、先にご用件をお聞かせください。』
と話しの流れを切るか、『その質問には答えたくない。』と言いましょう。
だいたい、これをやると相手から電話を切ってきます。
これでも引き下がらず、何でですか!電話代が安くなるんですよ!とか、ごちゃごちゃ言ってくるなら、失礼になっても大丈夫なので、電話を切りましょう。あまり丁寧に対応する必要もありません。
どんな回線を使っているかは、切り替えの提案をしてくる業者には重要な情報なので、こういう業者に伝えることは危険だと思われます。ここは押えておいて下さい。

本当に大事な用件なら、書面で通知があるはず。

簡単な話ですが、
本当に重要な話で、利用者各位に伝えなければならない事は、電話でなく書面にて、契約した住所に送られてくるはずです。
なので、いきなりかかってきた電話には、あまり丁寧に対応しなくても大丈夫だと思います。

重要な話だと突然かかっている電話は、無視してOK!

重要だという割りに、こちらの事を知らない電話は、あやしいと判断して電話を切る。
今日は、これだけ覚えておいてください。