Macbook A1181 Snow LeopardにEl Capitanをインストールする話 (解決編)

私の中の解決であって、万人に向けた解決法ではない

正直なところ、SSDに載せ替えてOSをクリーンインストールをするという意味で、こんなにも苦労をするとは思っていませんでした。古い機種へのサポートをバッサリと無くす伝統のAppleでは珍しくないのでしょうが、今回はこんなウルトラCで急場をしのぎました。

この記事が役に立つのは、
・Time Machineに新しいOSのデータを持っていて、
・リカバリーDVDが、10.6 などの古いバージョンで、
・DVD を使ってOS Xを更新していっても、最新に近いところまで更新されない。
という場面です。こまかく解説していきます。

なんとかして、Time Machineデータを使って回復させる

手持ちの道具のおさらい
・OS X リカバリーDVD (10.6 Snow Leopard)
・Time Machineデータ (当方の場合、10.11 El Capitan)

今回成功した手順は以下の通りです。
1. 手持ちのOSメディアで、OS X (10.6) をリカバリーする。
2. そのバージョンでの更新プログラムを適用する。
2-b. (追記) OS X 10.6.8 統合アップデートを実施し更新する。
3. Mac App Storeに接続し、EL Capitan をダウンロードし、インストールする。
4. このインストール作業は、エラーで中断する。(当方の事象)
5. 画面の指示に従い、再起動する。
6. option + command + R を押しながら起動する。
7. メニューが出て、再インストール他、四択くらいのメニューから、
Time Machine による回復を選ぶ。
8. 回復データが入ったデバイスを接続する。
9. あとは、Time Machineの指示に従って指示をし、回復させる。
10. 回復が正常終了し、再起動するとTime MachineデータのOSが回復している。

不完全な状況でも最新OSのプログラムが利用され、新しいTime Machineが動作していることが功を奏しているのだと思います。

今回の事例を体験して思ったこと

今回のような事例を体験すると特に感じるのが、インターネットから自動的にリカバリーができる機能がとても有益だということ。この機能さえ付いていれば、リカバリーしてタイムマシンで済んでしまう話ですものね。
私と同じく白いポリカのMacbook を愛用されている方は、くれぐれもTime Machineのデータを作成しておいた方がいいです。取ってあっても、このくらい苦労する可能性があります。
サードパーティー製のHDDクローン関連ソフトの活用も、視野に入れておくのも宜しいかと。

未解決事項

動作対象と言われている、2009年前期モデルへの、El Capitan のアップグレード。
なぜうちのMacbook A1181では、エラーして更新できないのか ?
OS XインストールDVD (10.9 Mavericks)を作成したはずなのだが、どこにしまい込んだか?