マイセキュアというウィルス対策ソフトはどこの会社の製品ですか?

新しいウィルス対策ソフトのブランド名について

ウィルス対策ソフトは、量販店店頭でよく見かける有名なものも、通販などでしか見ないマイナーなもの、最近ではスマホの『Google Playの中でしか見かけないもの』まで多岐にわたり、どのウィルス対策ソフトを選ぶかで選択肢が多く迷うことがあります。
そんな中、当店でのご相談で多いのは『どのウィルス対策ソフトがお勧めですか?』という系統の質問の中で、『マイセキュアはどうですか?』という質問があったので調べてみました。

知人から『マイセキュア』という製品を勧められたのですか、これはどうでしょうか?
ちょっと漠然とした質問でしたが、要するにお客様が知らないソフトを紹介されたのだが、これを購入すべきか?既存の知っているソフトを選ぶべきか?という質問のようでした。

マイセキュアについての回答

当店では先の質問に対して、以下のような回答をしました。

『マイセキュア』はNTT Com社の製品です。比較的歴史が浅い製品と言えます。
技術的にはWEBROOT社が関係していると思われる製品です。WEBROOT社自身もウィルス対策ソフトを販売しており、以前から量販店販売モデルや、特定のメーカーサイト専売モデルにバンドルされる形で利用される機会の多かった製品です。
マイセキュアの売りは、定義ファイルがクラウド化されていてデバイス側に負荷がかからずパフォーマンスが良いという宣伝をされています。2019年11月の現時点において、利用者の評判などを総合すると、まだ宣伝通りのパフォーマンスが発揮されているとは言いにくい状況で、更なる機能・品質の向上が求められている状況にあるようです。
先の質問に回答すると、これからの成長が見込まれる製品ではありますが、現時点においていわゆる五大メーカーを差し置いてこれを選ぶ理由は無いように思います。

当店では、このように回答いたしました。
NTT系列のメーカーさんが取り扱っていることから、今後たくさんのユーザーに利用されるようになり、実績を積んで、機能や品質面で更なる向上が得られれば、六大メーカーにもなりうる可能性があります。

参考・ウィルス対策ソフトの選び方

どの会社の製品を選ぶかは別として、最近のウィルス対策ソフトは、ウィルスの検知・駆除以外にもパソコン全体を監視する機能が付加されているせいか、総合セキュリティーソフトという位置づけで販売されています。
守備範囲が広くなったこととの因果関係は判りませんが、誤検出などの『勇み足的な』トラブルが発生することも多く、多くは『副作用』という表現で表される数々のトラブルが存在します。
ですので、ウィルス対策ソフトを導入される時は、各メーカーが提供している『試供版』を導入し、実際に利用して、問題がないことを確認してから、製品版・ライセンスを購入するようにしてください。
これをすることで、副作用が出てしまいうまく動かないという不幸な思いをしなくて済みます。

参考リンク

Link マイセキュア サポート:【提供元不明のアプリ】設定が【安全ではない】状態です
Android

設定画面の画像から、WEBROOT社が技術的に関わっていると判断しています。
ソフトウェアのOEM提供なのか、技術提携なのかは不明です。

Link WEBROOT ホーム
アメリカで創立されたセキュリティーソフト開発会社。97年創立とのことなので、20年ちょっとの準大手くらいの規模かと思われます。