Windows10で利用できるメールソフト・メール環境について

メールソフトってどれがいいんですか?

店舗でも良くお問い合わせを受ける質問ですが、『メールソフトはどれがいいですか?』という質問以外にも、
『Outlook expressはまだ使えますか?』
『Windows Live Mailはまだ使えますか?』
『Outlook と Outlook expressは何が違うんですか?』
『Windows 10で標準のメールソフトは何ですか?』
などのメールソフトに関する質問も多く寄せられます。
この記事では、Windows 10になって、どのような方法でメールを読めるのか、選択肢についてまとめます。
今までのようなメールソフトを使って読む以外の方法もまとめてゆきます。

Windows 10時代では選択できないメールソフト

XP時代にあった、『Outlook express』や、Vista/Windows 7時代にあった、『Windows Live Mail』は、Microsoft社が提供していた無料ソフトであり、現在では提供と公開は中止されています。
検索しても、偽物やウィルスまみれのソフトが見つかるだけですので、検索やダウンロードはしないようお願い致します。
現時点で動作している可能性の高い『Windows Live Mail』ですが、パソコンやWindowsが故障した場合に、受信したデータが再利用できなくなる可能性が高いので、予め汎用的なフォーマットで保存しておくなど自衛策が必要です。
興味がある方は、『メールのエクスポート』で検索してみてください。

メールソフトの紹介と利点・欠点

過去に書いた記事、『Windows Live Mailがダウンロードできない理由と対策方法』🔸 にもあるように、メールを読む方法は以下のようなものがあります。
ここでは少し情報を更新して解説しますね。

Microsoft Outlookへ移行する 無難にお勧め

・Word/Excelがインストールされている環境である。
・今までどおりメールソフトでメールを送受信したい。

という方に向けては、Outlook へ移行する のをお勧めします。マイクロソフト社で唯一の有料製品版メールソフトです。
・比較的サポート情報が多く存在すること。
・メールソフト切り替えに際しての手段や情報が多くあること。

がお勧めする理由です。
マイクロソフト社が提供している無料ソフトは、各種情報が少なく、メールソフト移行時の選択肢が少ないので、特にトラブルきっかけで、緊急対応でメール環境を変更しないといけない場合に苦労します。
お仕事で利用されている方なら、Outlook を最初にお勧めします。

Windows10 メールアプリへ移行する あまりお勧めしません

・Word/Excelはインストールされていないので、Outlookは使えない。
・でも今までどおりメールソフトでメールを送受信したい。
・無料のソフトでメールの送受信を行いたい。

という方には、二つの選択肢をご説明します。一つ目は、Windows 10に標準でインストールされている、メールアプリを利用する方法です。(白い封筒のマークがタスクバーにあるはずです。)
ただ、正直申し上げて2020年2月の時点では、個人的にはあまりお勧めしていません。
・今までと異なるUWPアプリの初期のソフトで、動作実績が浅いこと。
・マイクロソフト社お得意の無料ソフトなので、勝手に開発を打ち切られる可能性大。

利用者も伸びていないようなので、トラブル発生時の情報や、他のパソコンへ移行する際の情報などが不足している可能性が大きいです。今後、このソフトが利用者を増やしていく可能性も少ないと想像していますので、とにかくコスト優先で無料で使いたいという方以外にはお勧めしません。

フリーソフト Thunderbirdに移行する そこそこお勧め

・Word/Excelはインストールされていないので、Outlookは使えない。
・でも今までどおりメールソフトでメールを送受信したい。
・無料のソフトでメールの送受信を行いたい。

という方に向けた二つ目の選択肢です。
Mozilla Thunderbird と呼ばれる無料のメールソフトです。Mozilla Foundationが指揮をして開発が続けられているソフトで、歴史が長く、2020年現在、多くの利用者がいて、安定して動作し、サポート情報も充実しています。
・ユーザー数が多いので情報が多く、プラグインなどの拡張機能が充実しています。
Windows 10付属のメールアプリと相対的な比較として、無料ソフトの中から選びたいという方は、現在のマイクロソフト陣営のものでなく、Mozilla Thunderbird も候補に加えてみてはいかがでしょうか。

いっそのことウェブメールに移行する 一考の余地あり

最後にご紹介する方法は、今までの選択肢と異なり、
・メールソフトで読み書きするのではなく、メールサーバー上で管理したまま運用する方法です。
・スマホなどからでも同じメールが読み書きできるので、パソコンやスマホはメールを表示する道具となる。

ウェブメールという方法があります。
ウェブメールは、パソコン側にメールのデータを移動させず、プロバイダのメールサーバー上でメールを閲覧・管理する方式です。主要プロバイダでは標準でサポートしていますので、ブラウザー (IE、Edge、Chrome)で閲覧が可能です。
また、Yahooメールや、Google Gmailなども無料で利用できるウェブメールサービスとして有名です。
利点として、
・パソコンが故障しても、受信したメールに被害が及びにくい。
日々のメールデータ・バックアップを行う手間から開放される。

などが挙げられます。

Windows 10の初期設定は意外と複雑です

Word/Excelが最初からインストールされているパソコンを購入した時に、メールを読み書きする手段が二種類あるとか、そういう情報を事前に知らされていない利用者の方は、せっかくOutlookが利用できるのに、メールアプリを設定して使ってしまったりする事例を多く目にします。
選択できる候補から、できるだけ安全に便利に利用できる方法を選べるようお手伝いをしています。
このような選択で迷ったら、ぜひ店頭でご相談ください。