今からバックアップをしようと、決めた貴方に贈るアドバイス

まとまった量のバックアップは大仕事!

連休など、まとまった時間が取れたときに、ふと、大がかりなバックアップ作業をしよう!と思い立つ方も多いと思います。日々こまめにバックアップをしている方を除けば、こういう風に思い立った時に数十GB ~ 数百GB レベルの沢山のデータをバックアップする機会も、最近では珍しくなくなっています。

ここでは当店の修理スタッフが目にした、バックアップにまつわる悲惨な実話も織りまぜながら、これからバックアップを始める方にアドバイスをしたいと思います。先人たちの失敗を糧にして、同じトラブルに見舞われないよう頑張ってください。
運悪く、この手のトラブルに遭遇してしまったら、当店にご相談ください。

バックアップを行う前にデータの閲覧や整理をしない!

格言! データの整理を始める前に、まず最初にバックアップを実施すべし!

『せっかくバックアップするんだから、ピンぼけ写真や、極端に短い動画などを削除し整理してからバックアップをしたい』そう思う気持ちはよく判ります。
よく判りますが、ここはぐっと堪えて、最初にバックアップを作成してください。無駄なデータをコピーしてしまっても構いません。ぜひ最初にそのままの状態でバックアップしてください。
日頃行っていない作業をする時は、人間が操作ミスをしがちです。何も手をかけていない状態のデータを先に取っておくのが、バックアップの性質上、効果があると推薦いたします。

閲覧や整理を先に始めた際のトラブル事例
・本格的に写真や動画を見入ってしまい、バックアップをする前に時間が無くなってしまった。
・不要なデータを削除しているうちに、消してはいけなかったデータまで消してしまった。(操作ミス)
バックアップをするはずが、ここでデータ復旧サービスを依頼することになってしまった。
・重複したフォルダーだと判断して片方を削除したが、実は内容が違っていて消してはいけなかったようだ。
・動画の不要なところをカットしようと動画編集をしたが、残すはずの本編を消してしまった。

他の作業をしながらバックアップしないこと!

格言! 先にWindows Updateしようなどとは思わない!
格言! 何かの更新をしながらのバックアップ作業は絶対にダメ!

バックアップ作業中は他にすることがない、という理由からかもしれませんが、とにかく他の作業をしながらバックアップをして、そのトラブル発生をきっかけとしてデータをおかしくする事例がありました。
当店の二大トラブル事例は、
・バックアップの前にWindows Updateを実行したら、そのままWindowsが起動しなくなる事例。
・バックアップ作業と平行して、他のプログラムを動かしていたら、一緒におかしくなった事例。
このふたつが多いです。いずれもかなりの確率でデータ復旧サービスに依頼する場合が多いです。

とても大事なことなので二回言います
バックアップを始める前に余計なこと(Windows Update)は行わない。その他更新作業も後回し。
アップデートは意外に高い確率でパソコンが動かなくなる操作と心得よ、という位に怯えていてちょうど良いです。

過去にコピーしたデータを先に消さないこと!

格言! まず現在のデータをコピーするのが先!

過去にコピー(バックアップ)をしたことがある方は特に注意してください。
今回改めてコピー(バックアップ)しようと思った時に、作業開始前に以前のバックアップしたデータを消す方がいらっしゃいますが、これは手順として間違いです。
正しい手順は、現在のコピー(バックアップ)を実施し終了してから、過去のバックアップを(必要なら)削除する、という順番です。
これにはふたつの効果があります
・バックアップをする前に過去のデータを消すと、この時間帯だけバックアップが存在しなくなる。
→ 元のデータに不具合が発生したら、データ消失の一大事になります。

・過去のデータを合わせて保存しておくことで、元のデータから既に消えてしまっているデータがあってもそのデータを回復することができます。
→ 保存容量に余裕がある場合は、過去のバックアップも合わせて取っておく方がメリットが多いです。

久しぶりに使う機材を使用しない!

格言! バックアップという大事な作業は、信頼しているパソコンで行うべし。

意外と多い事例ですが、コピー(バックアップ)するだけだからと、自分が良く使う実績のあるパソコンを使わずに、しばらく使っていなかったものとか、調子が悪くて二軍扱いにしていたパソコンでバックアップを実行し、コピーをしている最中に何らかのエラーが発生し、データがおかしくなった・・・という事例があります。
元のデータを間違いなく、コピー先に保存することは意外と重要な機能で、日頃からちゃんと稼働している実績のある機材を使わないと後で泣くことにもなります。バックアップをする時は、あなたが信頼しているパソコンを使って作業を行いましょう。

関連するトラブル事例
・調子が良くない機材をバックアップに使用しない。
・最近購入した大容量のハードディスクを、Windows Vista以前のパソコンで利用したら問題が発生した。

事前にバックアップ量の確認をしておく!

格言! 寝てる間に作業をさせる時は、コピーする量と空き容量に細心の注意を!

バックアップ作業は、実施する頻度が少ない場合は、一回のバックアップデータ量が多くなりがちな傾向があります。数時間以上かかる場合などは、夜寝る前に実行して、朝確認しようという方も多いかもしれませんが、コピーするデータ量や、コピーする先の空き容量を確認せずに実行してしまうと、コピーが完了する前に『空き容量が足りません』と途中で停止してしまう場合があります。
どこまでコピー(バックアップ)がされたか判らない場合は、結局最初からやり直しになることもありますので、長時間のコピー(バックアップ)になる場合は、コピー先の空き容量に十分注意してください。

『移動』と『コピー』を間違えない!

格言! パソコンの操作に不慣れな方は、移動ではなくコピーを使うこと!

言うまでもなくバックアップは、コピー機能を使って複製を作成することです。
嘘でしょ?ブログ記事のネタでしょ?と思われるかもしれませんが、この思い込みに起因するトラブルの相談は、かなり多いです。人の思い込みというのはスゴイもので、自分ではコピー(バックアップ)の操作をしたと信じて疑わない方は、最後までこの事に気づいていません。
慣れない作業をする時は、作業実施前と作業実施後に自分の思った通りにデータがコピーされているか?エクスプローラなどで確認をしておくべきですね。

実際にあったトラブル事例
・突然データが消えた!と相談を受けたが、事前のバックアップ作業での操作ミスだった。
・データ復旧が必要という場面になってしまい、本来なら不要だった復旧費用が発生してしまった。

データの保存先はケチらないこと!

いつ購入したか判らないような古い外付けハードディスクを引っ張りだしてきて、ここにコピーしておこうと思った時は、このハードディスクが何年前に購入したものか?通算でどのくらいの時間(期間)使っていたものなのか?慎重に吟味してください。
パソコンも経年劣化で故障しますが、外付けハードディスクなども経年劣化で壊れます。
ひんぱんに利用している、あまり使用していないには、あまり関係なくパタっと故障します。
データをバックアップしておくことはもちろん大切なことですが、コピー先の製品の品質についても、考えるくせをつけておいてください。