膨張したバッテリーを廃棄する方法・保管方法など

膨らんでいるバッテリーをどうするか?

我々の周りには沢山のバッテリーが存在します。
ノートパソコンのバッテリー、カメラなどのバッテリー、携帯型製品、充電用バッテリーなど多岐に渡ります。これらのバッテリー、不要になった時どのように処分したらいいか?
意外と知らない方が多いので、ここで情報としてまとめてみたいと思います。

バッテリーの危険性

バッテリーが故障した時の特徴に、『外観の変形』があります。
いわゆるバッテリーの膨らみという症状が有名ですね。
バッテリー自身の不具合としてでなく、パソコンの外装の変形や、キーボードや、パッド部分の盛り上がりなどの症状で発覚する場合もあります。

バッテリーは種類によって発生しやすい症状が違いますが、最近の製品の多くは、ガスの発生に伴って膨張したり、発煙・発火の症状、さらには爆発という症状まであります。外観が変形しているものの多くはこういう症状の前段階であり、これらの症状が発生してもおかしくない、大変危険な状態であると言えます。

速やかに廃棄することは絶対必要ですが、それまでの間安全な方法で保管することも大切です。

自分のところで保管する場合

バッテリーの廃棄をお願いするまで手元で保管しなければならない場合は、下記のような保管方法を推奨します。
ノートパソコンの場合
✅ パソコンから、バッテリーを取り外す。
丁寧に慎重に取り外してください。マイナスドライバーなどで無理に分離させるとバッテリーの外観に損傷を与えてしまう場合があります。
作業に自信がない場合は、パソコン修理店などに依頼して下さい。
✅ ビニール袋など、水分がかからないよう包む。

屋外で 金属製のバケツなど(燃えにくい物)に入れる。
✅ 可能ならば、土や砂などをかけて バッテリーを覆う。

廃棄までの間の保管方法としてここまでやって頂ければ完璧です。
最低でも、自宅以外の屋外で、雨露がかからない場所に保管はしておきましょう。

バッテリーの廃棄に対応しているところ

小型充電式電池のリサイクルを行っているLink 一般社団法人 JBRC という団体でバッテリーの回収を行っています。この団体に参加する店舗でも回収を行っています。一般的には地元の家電量販店や電器店、一部の自治体などです。

お近くの回収可能なお店や組織を探すには、こちらのページから、
Link 『協力店・協力自治体』の検索 をクリックして、都道府県名、市町村名を選んでください。

外観に変化の無いバッテリーの場合

上記の『協力店・協力自治体』に持ち込むことで対応して頂けます。
協力店の多くは、店舗のすみに回収ボックスを設置しているところが多いのでこちらにポストする形になります。
バッテリーの故障の中でも、経年劣化など外観に変化がなく、ただ単に充電の能力が下がってしまった製品については、こちらの方法で処分が可能です。こちらの場合は危険性が低いので、パソコン自体をリサイクルする際に一緒に出すでも大丈夫かもしれません。手元から急いで放す必要性はあまり高くありません。

膨張しているバッテリーの場合

外観に膨張などがあるバッテリーの場合は注意が必要です。
設置店に行って、勝手に回収ボックスに入れてくるのではなく、必ず、お店の方に『膨張しているバッテリーである』ことを伝えましょう。 そして、お店の方の指示に従って処置を依頼してください。

先程説明したように、膨張したバッテリーは衝撃などを加えると、最悪の場合爆発することもありますので、回収ボックスに放り込むことで危険な場面を作り出すことになります。

バッテリーの引き取り基準については、見直される場合がありますので、JBRCのページや、実際の協力店に聞いて、その指示に従ってください。

バッテリーの廃棄と保管で大事なポイント

大事なことなので、最後にまとめます。

✅ 膨らんでいるバッテリーは危険のサイン。
✅ そのまま使い続けない、すぐに外して屋外で管理する。
✅ できるだけ早くJBRCの活動に参加するお店で回収してもらう。
✅ 回収ボックスに入れる前に、お店の方に『膨張しているバッテリー』だと伝え、指示に従う。
✅ 通常のバッテリーのように、黙ってボックスに入れてこないこと。