あなたのお店、最新の営業時間はインターネットから確認できますか?

新コロナに対応すべく色々な会社がサポートしています

ご商売をされている方で、特にお店のウェブページを持っていない方へ向けた有益な情報です。
検索大手のグーグル(Google)さんが、新コロナ対応で営業スケジュールが変更になっている店舗さんに向けて、最新の営業方針をインターネットに載せませんか?というツールを提供しています。

こういうことが結構あります

『あのお店、最近行ってないなぁ』『好きなお店なので応援したい』
『今度の週末、お店やってるかなぁ?』『営業時間っていつも通りなのかな?』
『ネットで検索したけど、お店のページが無くて最新の営業スケジュールが判らないなぁ』
『営業時間が変更になっているらしいんだけど、検索しても載ってないんだぁ』
『たぶん、今、検索結果で表示されている営業時間ではないんだよなぁ』

『行ってみて、閉まっていたら時間もったいないしなぁ』
『今回は、最新情報が確認できた、別のお店にしようかなぁ。。。』

典型的な例ですが、自分のお店を思い出してくれて、『行ってみようか』と思いたってくれて検索までしてくれたのに、当日の営業がどうなっているのか判らず、予定を変更してしまう。そんな『機会損失』が多いのも、中小の店舗さんの特徴ではないでしょうか。

電話して聞けばいい話じゃないのか?と思った方

インターネットに載ってなきゃ、お店に電話して『お店、やってますか?』と聞けばいい話しじゃないのか?
そう思った店主の方もいらっしゃるかもしれません。私どもが接するお客様の中には確実に、ネットで判らなければ電話して確認するということをされない方が一定割合いらっしゃいます。ネットで判らなければ調べることをあきらめて他の作戦に変更するという方です。どのような客層がお客様になっていらっしゃるかで、この情報は重要か否かは分かれますが、電話してまで調べるということをしないお客様がいることを意識するのも、新しい生活様式を受け入れることにつながるのかもしれません。

当店ではこうしています

Googleさんには、『Google Map』という地図のサービスがあり、店舗さんの多くはここに店舗として記載されています。事前にその店舗の関係者である旨手続きをしておけば、営業時間、定休日、連絡先や営業方針に至るまで自由に更新することができます。
特筆すべきは、そのやりとりが比較的簡単にできるよう考慮されていること。
スマホがあれば、見よう見まねで営業時間や定休日、臨時休業に至るまで記載できます。
店舗のウェブページに記載しておくのも効果的ですが、このような検索結果に直接表示される営業情報も、リアルタイムに書き替えておくと、お客様から応援して頂ける可能性が高まります。

Link Google あなたのビジネスを応援します
→ 『顧客に最新の情報を提供』という項目から、最新の営業情報(時間、曜日、その他限定事項)を更新できます。

店主さんが高齢で、自分では作業ができない場合は、子供や孫の世代に手伝ってもらうのも手です。
営業時間が変更になっていたり、営業日が変わっている店舗さんは、お客様に『行ったのに営業してなかったぁ』と嫌な思いをさせないよう配慮するのも必要です。

ぜひ、このグーグルさんの取り組みを、あなたのお店でも活かしてみて下さい。

身近に頼れる方がいない場合は

当店でも、スマホやパソコンから、このような情報を更新する手順をご説明できます。
パソコン何でも相談でお受けいたします。いつも使っているスマホやパソコンをご持参頂ければ、その機械で操作方法を説明いたします。