KB4549951の修正を適用後、データ消失やブルーバックが発生する問題

KB4549951の修正を適用した一部の環境で問題が発生中

情報が少なく、Microsoft自身も問題を認知していないため、インターネット上の情報を元に問題が発生していることをお知らせいたします。

KB4549951適用後に発生している問題点

・BSoD(ブルーバック)が発生し、Windowsが停止する。
・個人データやフォルダーが消失する。

どちらか一方の報告もあれば、両方発生している方もいらっしゃいました。
とにかく個人情報の消失には、十分に備える必要があります。

KB4549951問題の怖いところ

・発生原因や条件が明確になっていないこと。
・現時点で発症していない方でも、時間差で発生する可能性が否定できないこと。

当該 KBのアンインストールをすれば大丈夫なのか? も含めて、
安全な対処方法や、暫定対処などが確定していません。

原始的ですが、データバックアップをまめに実施

データのバックアップをこまめにすることしか、現時点での防御策は無いようです。
ゴールデンウィークも迫っていますし、また新しいバージョン2004 の公開も迫っています。
これからの時期は、特に意識して個人データの保護に努めてください。
いつもより、丁寧にこまめに実施することが重要です。

Windowsのシステム全体の保全が必要な場合

BSoD発生により、Windowsシステム自身がおかしくなる可能性もございます。
インストールされているソフトや環境の都合上、新たにリカバリーやインストールを行うことが大変な方は、現在稼働しているWindows全体をバックアップしておくことも効果的です。
Windowsに標準で装備されている機能として、システムイメージ作成の機能がございます。
具体的な作業方法が判らない方には、当店でも『パソコン何でも相談』などでレクチャーが可能です。お気軽にご相談ください。