メールを送信した時のエラーコード・エラーメッセージ

電子メールを送信した時のエラーメッセージ・エラーコード

意外に多いメール送受信のトラブル。
当店でもメール設定やトラブル対応のご依頼は多いのですが、エラーコードによりある程度原因が特定できるものもありますので、わかる範囲で掲載します。
時間があれば、加筆いたします。

一般的な宿命 – フリーメールアドレス

無料のメールアドレスは、送受信において送ったら戻ってきた、送信できない、受信できない、などのトラブルになりがちです。届けば儲け物と心を大きく保つか、プロバイダーが用意する有料のメールアドレスを持って、トラブル発生時にちゃんとサポートが受けられるレベルのアドレスを持つことをお勧めします。

550 5.1.1 – User unknown

エラーの意味:宛先に指定したメールアドレスが存在しない場合。
対応:スペルミスがないかを確認します。
送信側での対応となります。(送信者があなたなら、対応はあなた側。)

550 5.4.1 – Recipient address rejected: Access denied

エラーの意味:メールの中継(配達)を拒否された場合。
対応:(1)一般的には中継拒否なので理由を聞かないと判らない。特定のメールアドレス(ドメイン)を拒否する設定がされている場合が考えられる。
(2)よくあるのがOutlook絡み。受信者側のメールアドレスがoutlookのメールサーバーで管理されている場合、このようなエラーが返される事例が多数ある。この場合は送信者側の問題である可能性は低く、送信者側でできることと言えば、他のメールアドレス(別のドメイン)から再送信を試みるか、受信者側に直接、メールの送受信でトラブルが発生していないか問い合わせるくらいしかない。

550 5.7.1 – 続く文字列は色々あります

エラーの理由:受信側の受信拒否リストに載っている可能性がある。
対応:他のメールアドレス(他のドメイン)が受信可能なのかを確認し、届かない範囲を把握する。
受信拒否の理由について問い合わせができれば、問い合わせる。
届けることが優先であれば、他のドメインで取得したメールアドレスを使って送信する。

554 5.7.1 Client host rejected: Access denied

エラーの意味:SMTP認証をせずにメールを送信しようとした場合。
対応:メールソフト側でSMTP認証の設定が必要。