耳の不自由なお客様に向けて

耳の不自由な方のご来店に際して

お耳の遠い方を含めて、会話によるご相談・お受付が難しい場合、当店では下記の対応が可能です。

お耳が不自由な方、ご高齢により耳が遠くなっていらっしゃる方、認知症の症状がある方など、通常の会話では意思疎通を図ることが難しい場面が増えてきています。当店スタッフもできる限りの対応を心がけておりますが、それでも、どうしても意思疎通が図れない状況が発生し、増加している事実があります。
意思疎通を図る上で、お客様、当店スタッフ両方の歩み寄りが必要となります。お客様におかれましても、意思疎通をスムーズにできるよう配慮をお願いいたします。ご家族の方とご一緒にご来店頂くのもとても良い方法です。
どうしても、意思疎通を図ることが難しいと、当店スタッフが最終的に判断した場合、当店スタッフの判断でサービス提供を打ち切ります。この方針はスタッフ内でもかなり議論をして決めた苦渋の内容です。
趣旨をご理解頂きたく、宜しくお願い致します。

補聴器はご持参くださいご協力お願いします

補聴器の装着で会話が可能になる方は、補聴器をご持参・装着してご来店ください。
補聴器がないと大きな声になる場面が増えますが、そういうご相談・会話には一定の制限がございます。
(当店がテナント出店のため、他の店舗には迷惑をかけられません。)

筆談での対応をご希望される方へ

メモ紙や、筆記用具などのご用意はございます。
その場で書いていただき、当店スタッフもお応えを書きながら対応させて頂きます。
込み入った内容のご相談でしたら、事前にメモなどを作成してご持参頂けますと、対応がスムーズに行えます。
筆談の場合、通常の会話と比べて時間がかかります。
当店スタッフが筆談にて対応する場合、どうしても筆記や説明に時間と手間がかかってしまいます。
コストの都合で恐縮ですが、当店スタッフが筆談にて対応をする場合、初期診断メニューではなく、『パソコン何でも相談』🔸 などの有料のメニューを利用して 受付・対応いたします。

その他 注意事項

  • 当店スタッフは、筆談を含む特別な訓練を行っておりません。
    できる限り、お話を伺うよう努力を致しますが、それでも、ご来店された方から、ご依頼の内容がうまく伺えない場合には、修理のお受け付けなどをお断りする場合もございます。
  • 当店スタッフが筆談をお願いした場合は、お客様も筆談で対応して下さい
    お客様の言葉がどうしても聞き取りにくい場合や、当店スタッフの言葉がうまく伝わっていない方もがいらっしゃいます。この場合、当店スタッフは筆談による会話をお願い致しますが、その際は筆談で対応して頂きますようお願いします。かたくなに会話をし続ける(筆談を拒絶される)お客様がいらっしゃいますが、意思疎通が図れないので対応自体をお断りします。
  • 他のお客様よりも時間がかかります
    筆談の作業をしている最中に、作業が遅いとお叱りを受けることがたまにあります。当店では説明する必要がある内容は、必ず事前に伝えて納得して頂いてから作業を進めてゆきます。筆談で説明するのが大変だから説明を省くことはいたしませんし、費用を沢山頂戴するために説明を長引かせている訳でも決してありません。当店と一生懸命に対応しているスタッフの名誉のためにも、ここに明記しておきます。
  • 初期診断では対応できない場合がほとんどです
    筆談による対応は手間もかかり時間もかかります。当店では筆談が必要なお客様の対応は、本来、初期診断の範囲であった場合でも、『パソコン何でも相談』🔸 などの有料メニューにて対応致します。

ご依頼の内容や、発生している症状などをうまく説明できない場合には、介添えの方とご一緒にご来店ください。

ご不明な点は下記までFAXをお送りください

FAXにて、事前のご質問・相談を受け付けます。FAX番号は代表番号と同じです。
『お問い合わせフォーム』🔸 からでもお問い合わせ可能です。
業者さんからの迷惑FAXも多いため、FAX送信前には、お問い合わせフォームから『これから送信します』と、事前にひと言メッセージをお送りいただけますと助かります。
パソコン360へのお問い合わせは、お電話、電子メールにて