HDD(ハードディスク)のデータ復旧

ハードディスクのデータ復旧

当店のデータ復旧サービスは、他店と少し異なるスタイルで費用を算出しご請求しております。できる限り安価にサービスをご提供できるよう努めてまいります。

【例】持ち込まれたパソコンのHDDの搭載サイズが 500GB だった場合に、その500GBという容量に対して費用が発生するのではなく、お客様が必要としているデータが、そのうちの 20GB 分ならば、『その20GB分に対して費用が発生する』料金体系となります。
日頃からマメにデータをバックアップしていたお客様の場合に、データ復旧で依頼する救出データ領が少なくなり、結果的に復旧費用がお安くなる方式です。

データ復旧の料金について

当店のデータ復旧費用は、下記 料金 A料金 B の合計でご請求いたします。
この料金体系で対応するデバイスは、
HDD(ハードディスク)/SSD、8GB以上のSDカード・USBメモリです。
料金 A データ復旧のための検査・分析費用 ¥6000.- + 税
→ 本費用は、救出の可否に関わらず経費として発生する費用です。

料金 B 4GB分のデータ救出費用 ¥3000.- + 税 / 4GB毎
→ 4GB 相当のデータを1単位として算出する、お客様に納品するデータ救出費用です。 納品に必要なメディア(DVD/USB/HDDなど)の費用を含みます。データの合計サイズに応じて適切なメディアを選択します。

料金ご請求の例
データ復旧の結果、8GB分 (DVD2枚分)のデータ救出ができた場合¥12000.- + 税 となります。検査対象となるHDDが、160GB でも 500GB でも、救出できてお返しするデータの量が一緒なら費用は同一です。

HDDなどの状況が悪く、データが救出できない状況だった場合や、希望する条件のデータが救出できなかった場合には、 ¥6000.- + 税 を検査・分析の経費としてご請求致します。
これ以外の条件については、下記の注意事項も合わせて御覧ください。

検査を実施しデータの救出が可能で、データ復旧を最終的にご依頼された後で、お客様の都合によるキャンセルが発生した場合は、料金 A 以外の費用が発生いたします。(納品用メディアを開封してしまった際の費用など)
【例】データ救出量と費用をご報告し、データ納品のために納品メディアにデータを格納し始めたあとでキャンセルを希望された場合が、これに該当いたします。

クリックして確認 上記の料金には、以下の条件が含まれます。

  • 物理的な1台で2.0TB以下の記憶装置における データ復旧のための、検査・分析費用。
  • 標準難易度のパソコン分解手数料。(= 基本分解手数料)。

クリックして確認 上記の料金には、以下の条件は含まれません。ご注意ください。

  • 物理的な1台の 2.5 TB以上の物理容量を持つ、ハードディスク
    データの分析コストは、お預かりしたハードディスクの大きさに比例します。今までは、料金をシンプルにしたかったため、均一料金にて実施しておりました。しかしながら、2014年には 6.0TB 、2016年には10TBという巨大な容量のものが登場し、今までの料金体系では、対応しきれない場面もありました。
    上記の理由から、2.5TB以上の大容量デバイスには、別途御見積にて費用を算出するよう改定いたしました。
  • 4GB を越えて沢山のデータを復旧させる場合の追加料金。
    復旧させるデーターの量が多い場合、4GBを超える部分について、 4GBあたり ¥3000.- + 税 の追加料金を頂きます。
  • 分解方法が難しい機種・モデルに対しての、高難易度分解手数料。
    分解が困難な商品については、当店で定める高難易度分解手数料 (追加料金) が発生いたします。 ものすごく小さい商品、スタイリッシュに作られているデザイン・ノートパソコン、 一部の一体型パソコンなどがそれに該当いたします。 追加料金が必要か否かは、パソコン初期診断の中で判断させていただきます。
  • 2台目以降の 複数台のハードディスク に関する検査・分析費用
    検査・分析の費用は、物理的な1台ごとのデバイスについて発生します。
  • ハードディスク自身の部品交換などが必要な場合の部品代金、交換手数料など。
    お預かり時のHDDコンディションのままでは、救出作業が行えず、ハードディスク自身の部品を交換する必要が生じた場合、それにかかる費用は別途、御見積となります。
  • 新しい環境、新しいパソコンで、救出されたデータが使えるようにする作業費用。
    メールデータ、年賀状データなど、データを取り出しただけでは再利用できないデータ形式の場合、新しいパソコンの環境下において、取り出したデータが再び利用できるように設定が必要となります。これらの作業は『各種データ設定』作業として別途ご依頼いただく必要がございます。
  • NAS製品、サーバー製品、その他RAID構成の装置から、データーを救済する場合
    当店が定める、特別な構成・設定で動作するHDD製品については、上記プランの料金では対応できない場合もございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

HDD/SSD系ディスクのデータ復旧 対応できるメディア

新しい規格、新しい組み合わせの記憶装置が続々と開発されています。当方でもできる限り新しい方式に対応するデータ復旧の仕組みを構築してまいりますが、現時点ではこのような進捗となっております。

『データ復旧サービスの実施条件について』🔸

ご自身のPCの仕様について、ご存じない方は、『パソコン何でも相談』🔸 などで製品仕様の確認もできます。

データ復旧の注意事項

詳細はこちらのページにてご説明いたします。『データ復旧サービスの注意事項』🔸

データ復旧事例に対するパソコン初期診断の取り扱い

一般的な(部品を新品に交換するなどの)パソコン修理と異なり、データ復旧は、現在動作がおかしくなっているパソコンから、データを取り出す作業となります。そうした性質上、お客様から伺った状況や状態、通電した時の異音などから、かなり差し迫った状況 (すぐにデータ復旧作業に当たらないとどんどん悪くなる状態) である場合もございます。

このような場合、初めに初期診断を実施することが、かえって救出の可否(可能性)に対してマイナスに作用する場合が多々ございます。
当店では、担当させて頂いたスタッフの判断で、このまま精密検査(=データ復旧作業の前段階)に入らないとまずいという場面だと判断した場合には、その旨お客様にお伝えし、ご承諾を頂けた場合には、初期診断を切り上げたり、省略したりする可能性があります。
お客様と当店との間で見解の相違が生じ、当店からの説明にてこれが解消できなかった場合には、当店では初期診断を含むデータ復旧のご依頼を辞退する場合もあります。