Windows起動時に、0xc000000f の表示で停止する件の対処方法

大規模なアップデート後に発生しやすいエラーです

回復
お使いのPCまたはデバイスは修復する必要があります。
要求されるデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません。
エラーコード:0xc000000f

他のパターン
必要なファイルが見つからないか、ファイルにエラーがあるため、アプリケーションまたはオペレーティングシステムをロードできません。

Recovery
Your PC/Device needs to be repaired
The Boot Configuration Data for your PC is missing or contains errors.
File: \EFI\Microsoft\Boot\BCD
Error code: 0xc000000f

メーカーによっては英語で表示される場合も。

『PCは正しく起動しませんでした』
『BCDが見つからないか、壊れています。』
『システムの修復が必要です』
などの表示と共にに、エラーコード 0xc000000f で停止する事例について解説いたします。

当店で対応する案件の中では、○○アップデートなどの大規模アップデート時に発生している割合が多い事例として認識しています。
Windows 7/8.1 からアップグレードして、Windows10を利用されている方は特にこの情報をご参照ください。

大事なことは優先順位を考えること

エラーの対処方法は、その目標によって作業内容が異なります。全てにおいてベストな答えはなく、いずれかに重きを置いて対処しなければなりません。
エラーが発生した時の優先順位は、『中のデータが一番大事!』なのか、『ウィンドウズが再び動作すればいいだけ』のか、判断をすることが、もっとも大きな選択です。
『えっ?ウィンドウズが復活すれば、データも大丈夫なんでしょ?』と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。確かに結果論として、書かれている手順で無事システムが復旧すれば、データも無事である可能性は高い訳で、そういうことになるんでしょうけど、それは一種のギャンブルなんです。そういう方法で直ることもあるよ、その程度のものです。

ただし、HDD の故障が起因となっているトラブルについては、『ウィンドウズが再び動作するように修復させる』ことは、悪い選択肢だと思います。 エラーが表示された瞬間には、これらの違いが判別できないので、中のデータが最重要な方にとっては、現状のまま速やかにデータを救出することを検討する必要がある訳です。

インターネットの情報はシステムの修復ばかり

インターネットでこのエラーコードを検索すると、BCDの修復について色々と情報が得られると思います。
目にする情報の多くは、パソコン自体の故障はあまり考慮せず、BCD領域の論理的なエラーであることを前提に、その論理的な情報の修復に重きを置いています。
言い換えると、パソコン内のデータを保全ではなく、ウィンドウズの修復に重点を置いた方法です。(論理的な故障を想定しているので、その論理的な問題を修復すれば、元通りになる(=事前のデータ救出を重要視していない)という想定です。)

要約すると、先に述べたようなHDD故障 に起因して、このエラーが発生していた場合、このような方法でシステムの修復を試みると、HDD にとどめを指す可能性が高まります。

インターネットの情報を試す前にぜひ、慎重なご判断を

この情報は何を目的とした手順・方法なのか、
じっくりと検討して、一人一人に合った方法で、チャレンジしてください。