リサイクルに出す前に、完全にデータを消しませんか?

パソコンを手放す際に気になるのは個人データ。
リサイクル処分に出される前に、確実に安全にデータを消去(破棄)したい、もしくはハードディスクを物理的に破壊してから、リサイクルに出したい。
そんな希望にお応えして、ハードディスクを物理的に読めなくする作業を実施いたします。

対応できる機種について

ハードディスクを物理的に破壊できる機種
・デスクトップ・パソコン
・デスクトップ・一体型パソコン
・ノートパソコン ※ただしタブレット型、2in1型を除きます
記録されている部品が独立していない(取り出せない)場合、そもそもパソコン自体が分解し組戻せるような構造になっていない、などの場合はタブレット型と同様、対象外となります。
Hdd/SSD を物理的に破壊できない機種
・スマホ (スマートフォン)
・タブレット
・タブレット型ノートパソコン
・2in1型ノートパソコン
記録されている部品が独立していない(取り出せない)場合、そもそもパソコン自体が分解し組戻せるような構造になっていない製品は、現時点でサービスの対象外となります。

データ消去サービスの利用について (作業の流れ)

想定している流れは以下のようになります。

  • リサイクル処分を予定している機材をお持込み。
    リサイクル自身はお客様の方で手続きをして頂くことになりますが、事前にデータが記録されている部品を分解・破壊し読めなくする作業の申し込みを頂きます。
  • ご説明とサービス利用代金の支払いを行います。
    データ消去サービスの必要な費用を頂戴いたします。
  • データが記録されている部品の破壊を実施いたします。
    処置後の部品については、お返しするでも、当方で金属類として処分をするでも、どちらも対応が可能です。
    データの記録に関係ない、それ以外の部品については、組戻しを行います。
  • 対象商品をお客様に返却いたします。
    冒頭に書かれているように、パソコン本体をお客様のお申し込みによって手続きをして頂きます。
    当店ではリサイクル処分に関して、作業を代行することはいたしません。

本サービスで対応できる範囲

先に掲げた対象機種において、リサイクルに出す前に『データの完全消去・分解・破棄』が必要な場合のみ、データ消去部分を受け持ちます。 データ消去が終了しましたら、お客様に返却されます。
リサイクルでなく、

リサイクルへ出さないパソコンへは適用できないサービスです。
この作業の後、買い取りや譲渡を目的とされている場合は、本サービスでは対応ができません。
分解や破壊を短時間で行い、コストを削減しているためです。
分解・開封時にキズがついてしまっても大丈夫な状況に限定して、本サービスを実施しています。
他の部品の価値を下げずに、丁寧に時間をかけて分解や破棄が必要な場面では、別のメニューをご提供します。

データの完全破棄・消去に関するサービス費用については、費用や、可能かどうかも含めて 『お問い合わせフォーム』 から、機種名などを添えて、お問い合わせください。

パソコン360へのお問い合わせは、お電話、電子メールにて