パソコンにも健康診断が必要ですよね?

ハードディスクの検査、データ復旧なら当店にお任せください。特に問題やトラブルが発生している訳ではないけれど、日々パソコンを利用していて気になっていることがある。
ふと、そんな事を思ったことはありませんか?
例えば・・・
気になるメッセージがずっと表示されていて、我慢して使っている
・気になるメッセージがずっと表示されているものの、ウィンドウズ自体は動くので、特に対処をしていないでそのまま使っているが、知り合いに『ウィルスじゃないの?』と言われてから心配になりました。
PC買ったまま、ほとんど何も設定せずに使っていますが、ウィルス対策とかちゃんと出来ているか心配です。
ウィルス対策ソフトとか、その当時のままで使っていて、ちゃんと対策が出来ているか、一度専門的な人に確認してほしいと思っていた。
パソコンの更新とかアップデートというのが苦手で、実施していません。
アップデートとか更新の意味が判らず、画面に表示されたら、流れに任せて操作しているが、現時点で、このパソコンが最新になっているのか心配な時がある。
そもそも、ネットには繋いでないパソコンなんだけど・・・
普段は、インターネットに繋がず利用していて、ウィンドウズの更新プログラムなどがたまっているんだけど、タイミングが取れず更新ができていない。誰かにやってもらえるとありがたい。
そんな方々に、当店ではパソコンの定期健診をお勧めしています。

パソコン定期健診の内容

ウィンドウズを始めとする各種ソフトウェアのバージョン、修正プログラムの確認を行い、当店の定める重要ソフトウェアの更新を実施致します。
ハードウェアの動作確認については、簡易的な検査を実施いたします。
パソコン内部品の故障が疑わしい場合には、『パソコン精密診断』でご依頼ください。

パソコン定期健診の費用

定期健診中に発生するウィンドウズ、および各種ソフトウェアに起因するトラブルについては、免責事項となっています。万が一にもデータ消失などの被害に遭わないためにも事前のデータバックアップをお願いいたします。

パソコンの定期健診費用 ¥3,000.- + 消費税
→ 当店の定める検査項目を確認し、該当する項目のアップデートなどを実施致します。

含む 主要ソフトウェアのバージョン確認と更新
JAVA や Adobe製品など、有名なインストール済みソフトノバージョン確認と、最新版への更新作業を行います。
含む ウィルス対策ソフトの稼働状況と対策案の提示
お使いのウィルス対策ソフトがちゃんと動作しているか、期限が切れていたり、更新がされていない場合など、状況を報告し改善策を提示致します。
含む 規模の小さい、ウィンドウズの修正プログラムなら検出と更新を実施します。
ウィンドウズ・アップデート(Windows Update)の実施状況を確認し、更新が必要であれば小規模のものに限り更新まで実施いたします。
※後述の大規模アップデートについては、追加費用をご負担頂きます。

含む 簡易的なハードウェアチェックを実施します。
比較的トラブルが出やすい箇所のみ点検を実施します。ハードディスクや、メモリーの動作確認を実施します。経年劣化などの症状がないか点検致します。

含まず 大型Windows Updateの実施
Windows7/8/10 の場合『サービスパック』『○○アップデート』と呼ばれる大型アップデートを実施する場合には、追加費用として¥1,000.- + 消費税が発生いたします。
また、Windows のバージョンを更新する場合(例。Windows8 から 8.1への更新)や、Windows 10における『○○アップデート』を二段階以上実施する場合などは、追加費用として¥2,000.- + 消費税が発生いたします。
※ 本追加費用は、通常のアップデート手順でインストールする際の費用です。アップデート自体がエラーなどで行えない場合の対処は、『システムトラブル』のメニューで対応いたします。

含まず システムトラブルによるインストールエラーは別対処となります。
インストールを実施しなかったのではなく、パソコン(ウィンドウズ)のシステムトラブルで、更新プログラムがインストールできない症状があります。本件を解消するための作業については別費用となります。どういう方法が良いのかお客様と相談の上決めさせて頂きます。

含まず 本格的なハードウェアの検査
通常のすべてのハードウェアの不具合を検出する検査は行いません。簡易的なものとなります。簡易チェックとは、異音がないか、動作速度が適切な範囲かなど、簡易的なチェック項目のみとなります。故障が疑われる場合には、別途精密検査をお勧め致します。

パソコン定期健診の注意事項

パソコン定期健診についての注意事項をまとめてあります。

  • ハードウェアの検査目的ではありません
    本定期健診の内容は、
    ソフトウェアやセキュリティーに関する検査がメインです。
    ハードウェアの不具合検査については、異音の確認や動作速度などから類推する簡易判定のみとなります。
    ハードウェアの故障が疑わしい場合には、お客様にご連絡の上、定期健診を中断するか、他のメニューに切り替えて対応致します。データの救出が必要になった場合も同様です。
  • 部品の故障が疑われる場合には本検査は利用できません
    事前にハードウェア(部品)の故障が疑われる状況がある場合には、この定期健診ではなく、精密診断を用いて検査を実施致します。ご依頼後にハードウェアの故障が見つかった場合には、お客様へご連絡の上、検査メニューを変更いたします。
  • すでにウィンドウズの動きがおかしい場合は
    お預かりする時点で、すでにウィンドウズの動作がおかしい場合には、定期健診ではなく他の適切な診断・修理メニューにて対応させて頂きます。
    ウィルス感染が強く疑われる場合も同様です。