ウィルス / Virusなどに関する豆知識・備忘録・Tips

01. ウィルスに感染する理由


11. ウィルス駆除を自分でしようとして、二次被害


関連項目リンク

マルウェア (執筆中)
ランサムウェア


ここにある情報を参考にされる場合、各人の責任において利用してください。
万が一、利用に伴う不具合が発生しても、当方では責任を負わないものとします。
情報利用については、この旨同意されてからご利用ください。


 

ウィルスに感染する理由

よく聞かれるんです。
『何でウィルスに感染するんですか?』
『ウィルス対策ソフトを入れておけば大丈夫なんでしょ。』
細かい話は、抜きにして下記の対応を行ってください。

  • ウィルス対策ソフトは何かしら必ず入れること、そして更新すること。
    もちろん、日々の更新(アップデート)は怠らない。
    パソコンを購入した時に入っている試供版は、期限が切れたら何にもしません。
    期限の切れたウィルス対策ソフトは害悪でしかありません。
    何も対策ソフトを入れずに利用し続けることは、無謀です。
  • Windows Updateも必ず実施する。
    サービスパックを始め、表示されている修正は適用してください。
  • Adobe製品(Reader、Flash Player)の更新も忘れずに。
    更新頻度が多くても、めげずに更新します。
  • JAVAの更新も怠らずに。
    何なのか判らない!という理由で、更新せずに放置する方が多いですが、これを怠っているとウィルス対策ソフトを入れていても、意味がない位、防御能力が低くなります。
    前の(古い)バージョンが残ったままになっている方も要注意!です。
    インストール時に余計なソフトをインストールされることが多いので、それをいれないよう気をつけてください。
  • メーカーによっては、個別にアップデートがあるようです。
    こちらも、まめに実行してください。

これらをちゃんと実施していれば、あまりウィルスに遭遇することはないと思います。
画面に出る表示(表示有無や変化)は注意深くチェック 、そして、何のことだか判らない表示をそのまま放置しない、この二点ですね。

 

—-


 

ウィルス駆除を自分でしようとして、二次被害

ウィルスに感染した人は、自分でウィルスを駆除しようとして駆除方法などを検索します。ウィルスに感染させたがる様な悪い人たちは、感染してしまった我々が次にどのような行動にでるか(=ウィルス駆除に関する情報を検索すること)もお見通しです。
自動で駆除・解決できるソフトと称して、さらにやっかいなソフトをインストールさせようとします。
検索した情報が全てウソとまでは申しませんが、その情報が真実なのかどうか判断できる知識を蓄えてください。
検索した情報に飛びつくのは危険!です。

  • www.remove-pcvirus.com/jp/
    駆除方法を解説するという触れ込みで、なんだか機械翻訳したようなサイトです。
    ここの目的は、なんだか怪しいソフトをダウンロードさせて、二次被害を誘発させることが目的です。
    間違っても、ここから何かソフトをダウンロードしないようお気をつけ下さい。
  • http://www.solvusoft.com/ja/
    機械翻訳のような、色々書いてはあるものの技術的な羅列が多く、このソフトをダウンロードすれば直ります的な表示と共にリンクがあります。お約束の Microsoft Partner などのロゴが目立ちますが、マイクロソフト社とは関係ありません。
    ダウンロードさせられるソフトの代表例として、WinThruster などがありますが、これは偽セキュリティー・偽ユーティリティーソフトです。

Tipsに戻る。
記載ミスなどありましたら、こちらからご連絡頂けますと幸いです。