スマホ・タブレットの種類について (OS編)

スマホって、中で動作する基本ソフト(=OS)によって、操作方法が異なり、また動作させられるアプリの種類変わってきます。

どのような種類のOSがあるのか?

色々な種類のOSを搭載した機種がありますが、日本国内においては iOS もしくは Android の二択です。

Apple (iOS)
Apple製のスマホ・タブレットを総じて、iOS搭載機種と呼びます。iPhoneや、iPad シリーズです。
日本国内において、圧倒的なシェア(利用率)を誇り、ウィルス対策などにも強く、
この機種が向いている方として、セキュリティーなどに詳しくないので、ウィルス関係はスマホに任せたい! という方にオススメしています。

Android
Google社が開発しているAndroid(アンドロイド)OSを搭載した、スマホ・タブレット全般をAndroid機と呼びます。
いろんな会社が開発し販売しています。搭載されている部品が細かく違うので、同じAndroid 搭載でもある機種では動いたり、ある機種では起動すらしなかったりという特有のトラブルがあります。
また、セキュリティー (ウィルスなどの攻撃) において、被害に遭われる機会が多いのものAndroid が圧倒的に多いです。
ちゃんと設定して利用すれば、簡単に被害に遭うことはありませんが、相対的に見て iOS などよりもセキュリティーへの配慮と対処が必要な OS であることは間違いありません。

その他 の会社のスマホ
言葉通り、上記ふたつ以外のもの全てを指します。
スマホのプロ、4段以上の猛者でないと、買って後悔するものです。
スマホのプロ初段くらいで、うっかり価格に釣られて購入すると、その後活躍の場がなく自宅保管されるスマホが多いと聞きます。
Windows Phone -> Windows 10 mobile このあたりは、最近 (豪快な割引の末) 低価格な端末が多く販売されていますので、手を出しやすい所ですが、先に述べたように『プロ4段以上』の 専用デバイス、もしくは会社から支給され問答無用で使用する、のいずれかとなっています。ご注意を。
Firefox OS などに至っては、方針転換などもあり、一定のシェアを持つことは厳しいでしょう。
ここにすら書かれないようなOSのものもございますが、日本国内においてはまずオススメされない機種となります。

メリット・デメリットについては、別のTipsにまとめています。
よかったらお読みください。


ひとつ前の階層に戻る。