インターネットを閲覧する機能 IE と Edgeについて

Windows 10になって、大きく変わったことと言えば、インターネットを閲覧する標準のアイコンがEdge (Microsoft Edge) になったことでしょうか。
えっ?IE (Internet Explorer) の方が慣れていて便利だったのに、という方も多いと思いますが、そういう情報が記されています。


ここに記載した情報には誤りがない様努めておりますが、万が一情報に誤りがあった場合にはご容赦ください。ここの情報を利用する際はお客様の責任において利用してください。利用されたことによって生じるいかなる不利益も、当方では責任を負いかねます。

IE と Edge の関係について

マイクロソフト (Microsoft)は、ブラウザーの変更を模索しています。
古い IE をやめ、新しい Edge を標準のブラウザーにしようと現在、改良を加え続けています。
ただ、Windows 10の公開当時の状況では、IE を標準としている仕組みが多く、ビジネスの場面などで大きなインパクトを与えてしまうことを考慮して、IE を共存させる方法を取りました。
現時点では過渡期ということで、好きな方を使える環境になっています。

でも、Edge は使ってほしいので、標準で IE のアイコンを表示しないなど怒られない程度の主張が入っています。
IE がいつ終わるのか正式には公表されていません。ただ Edge 自体の開発が現在も続いており、2020年ころに大きな仕様変更が入る予定で、まだ Edge を標準でお使いくださいと言うには不安な状況にあります。(2019年時点)

Google Chromeなどのサードパーティー製ブラウザーもありますので、お好きなブラウザーを標準として使っていて問題ない時期と思われます。

スポンサーリンク

Internet Explorer を利用したい

標準で表示されているアイコンはEdge のみですが、実はIE (Internet Explorer) も搭載されています。(2019年現在)
左下の検索窓 ( Cortana コルタナ窓 ) で、『Internet Explorer』と検索すればプログラムのアイコンが検索結果に表示されますので、このアイコンを右クリックして、タスクバーにピン止めする とすれば、画面下のタスクバーにアイコンが表示されます。

お気に入り (Favorite) のデータも移行が可能ですので、前の機種からお気に入りを継承することも可能となっています。

スポンサーリンク

サイトへのショットカットの作り方

この作業は、Edge ではできないので、IE で行ってください。
デスクトップ上にサイトへのショットカットを作成する場合、IE でそのサイトを表示させ、サイトのマーク (URLの左側のマーク)を、デスクトップ上に、ドラックしてアイコンを作成できます。

スポンサーリンク

他にもこんな項目があります

さらに細かな項目がある場合には、ここに表示されます。

『Windows10 Top』