液晶画面・パネルの修理

液晶画面、液晶パネル、インバータ、バックライトの交換、修理

パソコンにおいて、画面が映らない、見づらいというのは、

大変やっかいな症状です。他にも、踏んづけて割ってしまった、

物が当たって、物を挟んで、割れてしまったなどなど。

修理金額にもよりけりでしょうが、修理して気持ちよく使いませんか?

実物を拝見させていただければ、『パソコン初期診断』にて、費用概算や

納期などご説明させて頂きます。

液晶画面に、こんな症状はありませんか?

症状などによって、色々な修理、色々な故障個所があります。
あなたの症状に近いものはありますか?

液晶を閉じるときに物を挟んだ、物をぶつけた、上から踏んでしまった、変なところに力をかけてしまって、、、など、液晶の『割れに伴う破損』は、交換修理で対応可能な場合が多いです。
大きな衝撃がかかった場合、たたいた、落下させたなど、パソコンの筐体自体にゆがみが発生している場合は、液晶パネル以外の箇所にも修理が必要な場合があります。

まったく映らない/映るけど、ものすごく表示が薄い。
液晶画面に、ゴミのような、ノイズのような模様が映る。
時間が経つと、画面か乱れる。
まっすぐにスジ状の線が表示される/モヤがかかったような柄が表示。
液晶パネルの交換で対処可能な場合が多いです。当店で初期診断などを用いてご相談ください。

映るけど、ものすごく表示が薄い。
一瞬もしくは数秒、表示はするが、すぐ映らなくなる。
液晶を開け閉めすると、映ったり消えたりする。
使っていると、点いたり消えたりする。
この場合、液晶パネル以外の箇所、もしくは複数の箇所に問題があることが多いです。

そんな時は、当店の『パソコン初期診断』をご活用ください。

いずれの場合でも、修理が可能です。
故障個所によっては、修理費用に違いがありますので、
まずは、『パソコン初期診断』でご相談ください。

液晶パネル修理の料金について

故障箇所・交換対象によって、費用は少し変わりますが、

比較的多い、液晶パネルの交換修理について、費用の概算を書きますと、

最近の液晶パネル規格について ★A
こちらで提示している修理価格は、解像度 1920×1080 未満、液晶サイズが 15.6型など代表的なサイズのもので、特殊なPC形状・規格ではないもの、という条件で表記しています。
タッチパネル方式(指で画面を触って操作できる)、高解像度 FullHD(1920×1080)を越える高解像度、4K/8K、有機ELなどの特別仕様のもの、については価格などが高額になる場合が多いです。

通常タイプの液晶パネルの場合

上記 ★Aに示したような通常タイプの液晶パネルの場合、修理費用総額表示で、価格 ¥23,000.- + 消費税 以内で納まる方が約50%、価格 ¥30,000.- + 消費税 以内で納まる方が約40%、約 5%が、それ以上の費用がかかる方となり、残りの5%の方が、修理費用にご納得できずに修理をされない方か、特殊部材や、製造終了品のため、部品の調達ができないということで中断となる方です。

液晶パネルに用いられる技術が大きく変わる転換期を迎えておりますので、古い技術を用いた部材は段々高くなる傾向があります。

※ 新しい方の技術である、『LEDバックライト方式』を採用している機種の方が全体的に安く仕上がる傾向となります。(もちろん、LEDタイプであっても液晶自体の規格・機能で特殊な部分があって、特殊な部品でないと対応できない場合であれば、それなりのお値段になる可能性もあります。)

タッチパネルタイプの液晶の場合

指で触れて、直接操作できるタイプのもので、おおむねWindows8 搭載機以降の商品となります。
ご存じの通り、液晶画面とタッチパネル(センサー)が合体した部分となりますので、今までの交換部品とは異なります。
販売台数が増えるにつれ修理のご依頼も増えておりますが、まだ潤沢に部品が流通していないので、全体的に割高な状況です。(記載 2014/07)

有機ELパネルを採用しているモデル

2016年頃から、比較的使われるようになってきました。
この規格の液晶パネルは、出始めでまだまだ高価だと思われます。取り扱いにはご注意ください。
(記載 2016/08)

その他、バックライト、インバーター、映像出力側基板不良など、
液晶画面が映らないトラブルは、原因が多岐にわたりますので、
どのくらいで修理ができるのかなぁ、というご検討の際には、
当店の『パソコン初期診断』が、とても効力を発揮する訳です。

パソコンの修理・相談は、パソコン360(028-666-0736)まで、お気軽にどうぞ。