ウィルスなどの駆除・除去サービス

右矢印040_橙

最も基本的なサービスメニューです。

ウィルスに感染したかな?と思ったら、大事なデータ(文書や写真など)のコピーができるか試みて下さい。そして、速やかにセキュリティー専門スタッフのいる当店にご依頼頂くことをお勧め致します。

最新のウィルスは、
ウィルス対策ソフトを導入していても感染してしまう可能性が高く、
さらに、感染後の対応はとても複雑で難しくなっています。

注意事項状況がひどい場合は、まずデータ救出

感染の被害に遭っているパソコンを、お持ち込みになられた時点で、操作不能などの症状がある場合は、『データ復元・復旧』サービスをご検討ください。ウィルス感染の被害規模が大きい場合や、ランサムウェアなどに感染している場合など、症状がひどい場合には、分析や駆除作業によって、お客様のデータが破損する場合もございます。

ウィルスに関係するご相談は、無料診断の対象外
ウィルスなどに関連する診断・修理・駆除のご相談には、『パソコン何でも相談』 など、有料のメニューを用いて対応させて頂きます。(初期診断は利用できません。)
ただし、ご相談ののち、そのまま駆除などの作業受付となった場合には、ウィルス駆除作業の費用から、今回の相談費用をお値引きし、実質無料の対応となります。
駆除の成功が見込めない状況、というものが存在します
本サービスは、必ずウィルスを駆除することを保証したサービスではございません。パソコンの動作条件や、感染したウィルスの種類によっては、駆除の成功が見込めない(駆除できない)場合があります。
過去の事例から、効果が見込めない、成功率が低くなる状態・状況についてまとめます。
ファイル交換ソフトを利用 されていたパソコン
ウィルス対策ソフトが入っていない、期限が切れていたPC
ランサムウェア に感染し、すでに操作不能の状態。
ご自身で駆除を行い、駆除に失敗している状況のPC
・その他、すでにOSの操作ができない状態のもの
これらの条件に当てはまる場合、基本的にウィルス駆除としてお受けつけをせず、お客様が必要とされた場合は、データ救出(データ復旧)をご検討頂くようお話をしています。(※ランサムウェアを除く。)
ランサムウェアに感染した場合、個人データが破壊されている場合が多い
一般的なウィルスと異なり、ランサムウェアの場合は、お客様のデータを暗号化し改竄します。
ウィルス(ランサムウェア)を駆除しても、暗号化されたデータが元に戻るわけではありません。
このデータを元に戻すには、複雑な暗号を解かねばならず、パソコンの修理屋さんというより暗号解読の専門業者に依頼をするような話しになってまいります。ランサムウェアの場合、データが欲しいという理由でウィルス駆除に出しても意味がありません。詳しい仕組みや内容については、『パソコン何でも相談』にてご相談ください。

ウィルス駆除・除去 関連メニューの料金について

ウィルス駆除 費用

昨今のウィルス感染は、複数種類のウィルス感染が圧倒的に多いため、
当店では最初の 5種類までの駆除を一律料金としてあります。

Windows Vista/7/8/8.1/10 向け料金 他のOSは費用体系が異なります。
ウィルス駆除費用 ¥10,000.- + 消費税 ※5種類までのウィルス駆除
追加費用:6種目以降、1種増える毎に ¥1,000.- + 消費税が追加となります。
※大量にウィルスが検出される場合を考慮して、16種以上はカウントしません。すなわち、データ復旧の上限費用を、¥20,000.- + 消費税 と設定しています。
※ 費用はこれ以上増えませんが、一般的にウィルス検出数が上がると、駆除の成功率(= ウィンドウズが無事である確率や、データが無事に救出できる確率) は下がります。
※ ウィルス駆除での回復が不可となった場合には、最終的にリカバリーを実施します。
(リカバリーになった場合でも、追加費用は発生しませんが、中のデータは消去されます。)
※ 駆除サービスの受付に際しては、下記注意事項も御覧ください。
Windows XP/Vistaなど正式サポートが終了したOSの駆除は、ご相談ください。

右矢印040_橙Windows XP,Vistaの取り扱い マイクロソフトの保証が切れたOSに関しては、セキュリティーレベルが現行OSと同等である保証がないため、サポート中のOSとは異なる対応となる可能性があります。

右矢印040_橙※本サービスは、『パソコン初期診断』では対応できません。初期診断実施中であっても、ウィルス駆除の必要性が判明し、お客様と合意が取れた時点で本サービスに切り替えさせて頂きます。

新着情報 (News)

サービス内容の拡充 今までオプションにてご提供しておりました、
『悪用されやすいソフトのアップデート作業』
『ウィルスでは無いけれど、無い方が好ましいグレーゾーン・ソフトの削除』
上記ウィルス駆除サービスに含まれることとなりました。
今まで以上に、安心・安全なウィルス駆除サービスに成長し、
しかも、お値段据え置きです。

右矢印040_橙セキュリティーアドバイス・サービス (A) が標準サービスに含まれます。
(ご希望の方のみ。)


駆除後にこんな、サービスもいかがでしょうか?

セキュリティーアドバイス・サービス (A) 料金

新着情報 (News)『パソコンのセキュリティー未対策箇所の改善 (よく狙われるソフト限定)』
ウィルスの侵入経路として悪用されやすいソフトに注目して、バージョンの確認、そして、新しいバージョンに更新するサービスです。
Windows Updateについては、対応の状況報告のみとなります。(お客様実施。)

右矢印040_橙同時お申し込みで無料メニューです。

セキュリティーアドバイス・サービス (B) 料金

『パソコンのセキュリティー未対策箇所の改善 (Aよりも広範囲で実施)』
右矢印040_橙

オプション・メニューです。


ソフトのバージョンチェックを実施し、侵入経路として利用された、される可能性のあるソフトウェアやアプリケーションの問題点を抽出し、アップデート作業を行います。お客様ご自身では作業ができない方、パソコンにお詳しくない方向けです。
サービス(A) との違いは、
・Windows Update の実施も作業項目に含まれます。
・メーカー提供のアップデート機能 (VAIO Update、富士通ソフトアップデートなど)も含まれます。

 

セキュリティー上の不備項目を抽出し、適切な対処(プログラムの差し替えや更新など)を実施いたします。
対処範囲の広さによって、費用が変わります。
¥3,000.- + 消費税
(→ サービスパックの適用 1段階分を含む、各種修正プログラムの更新作業。)
¥5,000.- + 消費税
(→ サービスパックの適用が 2段階以上となる場合の料金。【例】SP1 → SP3など)
右矢印040_橙VAIO/NECなど、PCメーカーが独自に用意したアップデートの仕組みについては、別途お客様とご相談の上対応させて頂きます。(セキュリティーの観点からは重要度が低いため、基本的に上記費用に含まれません。)

ウィルス駆除・除去 関連メニューの注意事項

各サービスについての注意事項をまとめてあります。ご依頼前にお読み下さい。

ウィルス駆除

  • 大事なデータは事前にバックアップが必要です。
    ウィルスがどのような攻撃をしてくるか不明な状態ですので、パソコン内にあるデータの保持について、当店では保証できません。
    操作が可能であった場合には、事前にお客様自身でデータのバックアップをお取りいただくか、当店へ『データ救出』メニューにて別途ご依頼下さい。
    再セットアップ、リカバリーなどによる解決を行う場合でも、お客様に許可なく実施いたしません。
  • ランサムウェア感染の場合、データは救出不可となる場合あり
    ランサムウェアに感染し、その活動が完全な形で仕上がってしまった場合、中のデータは完全に暗号化され救出ができない場合があります。
  • ウィルスを駆除しきれることを保証するサービスではありません。
    ウィルスの種類、構造、個数、発症状況などにより、駆除による対応が困難な場合、もしくは、駆除方法が確立されていない場合などは、再インストール作業でパソコンを利用できるように処置する場合があります。この場合、追加費用は発生いたしませんが、パソコン内にあるデータが消去されます
  • パソコンのセキュリティー環境によっては、駆除の成功率が下がります
    下記事例に該当する場合、駆除の成功率が下がったり、駆除不可となる可能性が高くなります。
    ・ご購入以来、ウィルス対策ソフトを導入していない。
    ・ウィルス対策ソフトがPC購入時のまま、更新していない、購入時のまま放置、入っているかいないか判らない、動作が遅くなったので外していたなど
    ・Windows Updateや、各種ソフトの修正プログラム、アップデート更新をまったく実施していない。
    ・その他、一般的なPCと比べ、セキュリティーレベルが低い場合。
    ファイル交換ソフト(P2P)を利用している。
    自身で購入していない市販ソフトを利用中。(一般的には海賊版ソフトの事。)
    VPN系独自ネットワークを構築するソフトなどをご使用の場合。
    ・ウィルス被害の多い、諸外国でご使用になっていたPC。
    これらの条件に当てはまる場合、通常実施するウィルス駆除サービスよりも、成功率が低下する可能性があります。できる限りこのリスクについては、事前検査において検出できるよう努めます。
  • お客様ご自身で駆除を試みて、うまく駆除できなかった場合
    駆除は間違った方法で実施すると、悪化します。
    昨今、ウィルスの駆除方法などを掲載しておいて、その方法を実施した方をさらに騙し二次被害(感染)させるウィルス(偽駆除ツールなども含む)があります。また、間違った駆除の方法、効果のない方法、情報が古くすでに通用しない方法などを掲載するサイトもございます。お預かりした時点で、これらの条件に合致する場合、駆除の成功率が低下したり、お客様が希望される方法での受付ができない場合がございます。感染の事実を確認した際は、できる限り速やかにご相談ください。ご自身で誤った方法で駆除を実施した形跡がある場合、一般的に駆除の成功率は下がります。程度によっては受付できない場合があります。

ご不明な点などは、お気軽にご相談ください。

パソコン360へのお問い合わせは、お電話、電子メールにて。